ゆにぶろッ!

Q踏んだUniがちょっとだけ真面目にcojの話します

デッキを組まない時代

どうも。

Uniです。

 

今回は、SNSが普及し、DTCGの人口が爆発的に増加した現代についてです。

 

 

近年、スマホの普及でかなりの人数が増えてきたデジタルカードゲーム。

手軽にできること、そこまでお金がかからないこと(ゲームにもよりますが…)。お金はないけど時間とやる気はある、若者達に特に大人気ですね。

 

ただそこで思ったのは、デッキを自分で1から組む人が少ないのかな、というところ。

僕の周囲のカードゲーム大好きマンは自分でデッキを組む人もいます。

 

ただ、良い結果の出たデッキレシピを真似している(ジプシーしている)人が多い。そう感じます。

ガチでゲームにも打ち込む人の中ではジプシーは当然のことかもしれません。しかし、最近ではこれからゲームを始めようとするカジュアルプレイヤーにもその傾向が見られます。

 

スマホゲームの名前を検索すれば、攻略サイトにリセマラランキングがある昨今。良いとされるものを盲信的に目指すのが、世間の流れなのでしょうか。

 

 

別にジプシーは悪いわけではありません。勝つために必要なことです。

しかし、ジプシーだけでは得られないものがあることも事実です。

 

 

 

ジプシーで得られないもの。

それは、カードの役割です。

 

デッキ製作者や使い込んでいる人には、採用カードの意味やゲーム中の流れが見えています。

このカードはアレに使って、このカードはこの展開で強い。そういうところ。

 

 

なので、ジプシーをする人は盲目的に信じるのではなく、今一度あたかも自分がデッキを作ったかのように、デッキの内容と意味を見直してはいかがでしょうか。

 

 

〜さんが10連勝のデッキなのに、全然勝てないよ!

みたいなとき。これは多分、デッキへの理解が足りてないんじゃないかと思います。

 

勝ちたいなら人のものを写すだけじゃなく、努力をしなければいけません。

 

 

 

 

ちなみに、自分でデッキを作るよ!って方。

自作するのは難しい時代になってしまったように思います。オリジナルが出しにくいというか、同じ考えを持った人がすぐ発信できてしまう時代ですから。

 

でも、自分の思うように行ったときは気持ち良いのは間違いありません。

ぜひ、続けていってほしいです。

 

 

 

長くなるのが嫌なので、この辺りで。

簡単にまとめると、物真似にも努力が必要ってことです。

勝負事を楽しむには強さが要る。そういうこと。

 

 

ではまたの機会に。