ゆにぶろッ!

Q踏んだUniがちょっとだけ真面目にcojの話します

【HS】翡翠ドルイド~アルティメット~

どうも。

Uniです。

 

 

今回はハースストーン。

 

新弾解禁よりドルイドが爆発的に増加しました。特に、以前より存在した【翡翠ドルイド】が超強力なカードを引き連れ環境トップに。

また、新規カードは2種程度ですが、依然ブン回りに定評のある【アグロドルイド】も健在。

新規カードより、『挑発』とバフが持ち味の【トークドルイド】も誕生。

どれも異なったパワーを持つ強力なデッキです。まさにドルイド環境。

 

今回は【翡翠ドルイド】についてです。

 

 

 

~『究極の侵蝕』来襲~

今弾でドルイドが飛び抜けた理由。

究極(アルティメット)パワーカード。

 

f:id:Unicoj:20170820174653p:plain

 

書いていることが意味不明のバケモノ。コスト換算15マナ以上レベル。

特にわからない部分は”カードを5枚引く”。引きすぎて手札溢れるわ。

 

主な使い方は以下。

・カードを引く

・相手のユニットを処理

・リーサルの5点ダメージ

の3つの意識です。

もちろん装甲5点や5/5/5召喚も強力ですが、おまけ程度。

ドローと盤面処理が両立していることが相当ヤバい。

 

5ドローの後、〈練気〉からもう1動き出来ることもお忘れなく。〈自然の怒り〉とかね。

 

 

 

 

☆デッキ構築

f:id:Unicoj:20170820180854p:plain

 

固定枠がかなり多いです。自由枠は以下。

自然の回帰×2、スペルブレイカー、古代地の番人、拡がりゆく虫害、リッチキング(⇔始祖ドレイク2枚目)

 

 

基本的にランプ(マナ増加)カード、翡翠カード、〈自然の怒り〉、〈究極〉は固定。

〈なぎ払い〉、〈ファンドラル〉、〈マルフュリオン〉は入れない理由がないので入ってます。その他にどうしても入れたいカードがあるなら抜いてもいいとは思いますが、おすすめはできないかな。

 

自由枠の入れ替え候補は、〈黒騎士〉や〈タールクリーパー〉、〈番人〉や〈虫害〉の2枚目採用とかですかね。

 

 

・自由枠の採用理由

自然への回帰…もはや2積み。ドルイドの苦手な大型ミニオンを処理できます。相手がドローしてしまう諸刃の剣ですが、盤面さえ有利になればリソースは〈究極〉がどうにかしてくれます。

 

スペルブレイカー…流行りのパラディンに対して。バフや〈ティリオン〉に合わせます。相手の『挑発』や自分の『凍結』に使い、リーサルにも貢献する強カード。

 

拡がりゆく虫害…アグロに強いです。1回打てれば勝てますし、アグロ以外に弱すぎるので1枚。アグロ嫌うなら2枚どうぞ。

 

リッチキング…〈始祖ドレイク〉との互換。アグロに強いのはもちろん〈始祖ドレイク〉ですが、それ以外ではこちらが圧倒的に強いため採用。レジェンドに恥じないパワーカードです。

 

 

 

 

・前環境との違い

以前と大きく異なる点は、〈滋養〉の使い方です。

前の〈滋養〉と〈競売人〉でドローしていたところを、今では〈究極〉が補っています。今となっては、序盤の〈滋養〉はランプで使うことが多いくらい。さっさと〈究極〉のマナまで到達してしまうほうが強いことも多々あります。

 

あとは〈競売人〉がない分、ブン回しはありません。逆に不確定な動きは少ないので、安定してるとも言えるかもしれませんが。

ブン回したいなら〈競売人〉を採用しましょう。

 

 

 

・マリガン

〈野生の繁茂〉〈翡翠の開花〉を探す。無ければ全部変える。

〈練気〉はキープしません。上の2枚のどちらかがあるなら、〈滋養〉キープはアリです。

 

 

 

対ヒーロー

主に異なるのは〈翡翠の偶像〉の使い方。

そもそも翡翠は〈アヤ〉の『断末魔』込みで10/10までいきます。

コントロール戦でなければ、デッキに入れるのはデッキの回転率が落ちるだけです。安易に入れないこと。

 

 

ドルイド翡翠

先にランプと翡翠が進んだほうが勝ちです。一応、盤面を取ることが重要。ただ、基本的に回ったほうの勝ちなのでくだらないです。

 

 

ドルイド(アグロ)

ランプして、虫害で止めて、始祖ドレイク。『挑発』で頑張る。

 

 

パラディン

ちょっと不利です。とにかくミニオン処理、特にマーロック。

 

 

・ウォリアー(海賊)

不利。『挑発』でがんばれ。

 

 

・プリースト

〈偶像〉をデッキに入れるマッチング。〈ドラゴンポーション〉に気をつけつつ、並べてパンチ。〈回帰〉がいい仕事してくれます。

 

 

・メイジ(クエスト)

盤面は無視。ほぼすべて顔面にパンチ。〈なぎ払い〉も〈究極〉も顔。いち早く〈アイスブロック〉を剥がしましょう。〈回帰〉で相手の手札を溢れさせるプレイも覚えておきましょう。

 

 

 

 

・まとめ

とにかくデッキパワーが高いです。

ただ、不利なアグロ系が流行っているので使ってれば無限に勝てるデッキというわけではないですね。まぁ、普通にアグロにも勝てるけど。

 

久しぶりにミッドレンジ系のドルイドがトップの環境です。前評判ほどコントロールウォリアーがいないのも納得。

まさに究極デッキかもしれません。

 

 

ではまたの機会に。