ゆにぶろッ!

Q踏んだUniがちょっとだけ真面目にcojの話します

【HS】ウンゴロ初期で思うこと

どうも。

Uniです。

 

ウンゴロ解禁から早くも2週間程経ちました。

以前と変わったことや新しいことがかなりあり、面白くもくだらなくも感じますが、個人的にまだ継続して遊べています。

少し思ったことでも書こうかと、久しぶりのブログ更新です。

 

 

 

 

・環境支配カードの消滅

旧環境のクラーケン年が終了し、環境を席巻していたカード群が消え去りました。

 

まずは僕の大嫌いな《レノ・ジャクソン》。旧環境屈指のクソカードで、HSやらなくなった元凶です。《カザカス》という後釜もなおヘイトを溜めたカードでしたが、親玉の探検家の退場と共に闇に消えて行きました。いい気分だ。

 

次に《トンネルトログ》や《トーテムゴーレム》。シャーマンの序盤を支えた良カードでしたが、時代の波に流されて行きました。おかげで1年程は不利付くデッキがないとも言われた【アグロシャーマン】は実質構築不能になり、全世界が悲しみを背負ったことでしょう。

 

また、今季より使用不可になったカード群も。

【レノロック】に使われてたカードが多い印象です。つまりは単体としての性能が高かったということなのでしょう。ざまぁみろという反面、昔から愛着のあるカード達であるため悲しい気持ちもあります。

《アジュアドレイク》は特に悲しいですね。カードデザインが素晴らしく、HSで初めてクラフトしたカードでした。【ドラゴンプリースト】を使ってる時には《ドラゴンポーション》で破壊できずめちゃくちゃ嫌いになりましたが、でも君がいないとドラゴンデッキが組めないんだよ……?

 

【フリーズメイジ】に使っていた《アイスランス》もレッドカード。《ソーリサン皇帝》で鬼の強さを発揮していました。おかげで【フリーズメイジ】も弱体化。強かったあの頃が懐かしいです。

 

 

 

・新環境最強は

ウンゴロ解禁前、キーパーツがほとんど消えなかった【海賊】が最強デッキだと考えられていました。旧環境で散々アバれ回った挙句に取り上げられたカードは1枚だけ。ブリザードのお気に入りか…と思っていました。

しかし、蓋を開けてみると賊どもが排除される環境となっています。好きじゃないから良いけどね。

 

 

おそらく現状で最強に近いのは《花ローグ》と《クエストウォリアー》。ついで《ハンター》《クエストローグ》辺りかなと。

 

昔の名残か《ミラクルローグ》と呼ばれていますが、僕は《花ローグ》と呼んでいます。ミラクル要素なんてとっくに無いし、あるとしたら植物の多さくらいでしょう。

動きとしては、軽い除去カードを用いて盤面を制圧。《エドウィン》やレジェンドの花でこちらの盤面は強いまま、押し切る形です。《競売人》による1ターンでのスーパードローがあるため動きも安定しており、少しの不利くらいは余裕で返せる地力を持ったデッキです。

不利を取るのはライフをひたすら狙ってくるデッキ。回復手段を取っていないため、盤面無視でライフばかり削られると厳しいです。

不利はそこまでなく、《クエストウォリアー》に有利であることも強い理由の一つです。

 

 

次にここまで流行ると思っていなかった《クエストウォリアー》。クエスト条件は試合が長引くほど満たしやすく、かつ条件も遅延に有効な内容です。

ウォリアーの元々持つ、処理能力の高さと腰を据えて構えられるゲームメイクがクエストと見事にマッチ。クエストによって得られるヒーローパワーがとにかく強力で、レイトゲームをするデッキの中では終盤での地力が段違いです。

挑発を持つミニオンの多さからアグロ系のデッキに有利で、同ヒーローの【海賊】にはほぼ負けない相性差のよう。どっしり構える本来のウォリアーらしさのあるデッキですね。

こちらも不利デッキはそこまでありませんが、《花ローグ》《クエストローグ》がちょっと嫌なくらいかな?全体としてのカードパワーは現環境では1番なのではと思います。

 

 

長らく環境から消えていた《ハンター》の復権。ウンゴロで少しカードの追加はありましたが、アグロ〜ミッドレンジ系デッキとして元来ハンターの持つ得点力が再評価された形でしょうか。レノ系や他のアグロデッキに比べて尖っていなかった点が旧環境で活躍できなかった要因でしたが、天敵がことごとく消滅したためアバています。強力なスペルもあり【海賊】ほどは挑発ミニオンに困りませんし、断末魔を持つミニオンが多く《花ローグ》にも圧力をかけられます。

《ハンター》好きの僕としては嬉しいことですが、上2つにはもうひとつ力が足りていない印象は否定できません。他のデッキより強い点は"ヒーローパワー"です。

 

 

ウンゴロ全ての始まり、環境の高速化を招いたデッキ《クエストローグ》。クエストの条件が他と比べてかなり簡単です。むしろ今の環境は《クエストローグ》に勝てるか否か、から始まったと言っていいくらい。今や数はめっきり減りましたが、環境を作ったという点において功績を称えねばなりません。

狙いはシンプルで、同じ名称のミニオンを4回出して軽い突撃持ちで点を取る。これだけです。

《影隠れ》を何枚引けるかが鍵となり、ミラーになるとクエスト先打ち選手権が始まります。速いと3〜4ターンでクエストを満たし、《段取り》を踏んでゲームエンド。くだらねぇ…

このデッキに対策するために、ミニオンを引きずり出す《ドブネズミ》や早い展開で押し切るためのアグロデッキが流行りました。それでも回ってしまえば何にでも勝つことができ、対戦型ソリティアをかましてくる自己完結デッキです。

ある意味悪いデッキではないですが、まぁ嫌われるのも当然かなと思ってしまいますね。

 

 

 

その他【マーロックパラディン】や【エレメンタルシャーマン】とウンゴロデザインのデッキも流行っていますし、完全に見ないヒーローはいなくなったようには思います。(ウォーロックはほぼ見ませんが)

そういった意味では良環境と言って良いかもしれませんね。

 

 

 

ちなみに僕はランク3☆2から"けものフレンズ"【獣ドルイド】使って、ランク5☆0の無敵まで落ちました。(憤怒)

 

けものはいても、のけものはいない。

本当の愛がここにある。

 

 

ではまたの機会に。