ゆにぶろッ!

Q踏んだUniがちょっとだけ真面目にcojの話します

懐古厨「そんなにやる意味ない」

どうも
Uniです

僕がCOJを始めたのはver1.2のメフィスト光明が修正された直後くらいです。
一昨年の6月くらい。もう半老害くらいまできてるので、今回はただの愚痴。老害だから仕方ないね。


僕はCOJが好きです。
カードゲームとしてのルールやシステムは他のものとは一線を画しており、非常に良質なゲームであると考えています。
しかし、その根底は変わっていないというのに僕は最近あんまりやらなくなってしまいました。

その理由はなんなのでしょうか。
自分が考えたことを列記します。


・カードの増加(SR積むだけのゲーム)
・キツい人間の増加
・果てしない数値

上記3つ、順々に。


1.カードの増加
()の中そのままです。
やっぱりパックを販売するってなると目玉が必要になる訳です。となると前より強い、もしくは目新しい効果のSRカードを作ろうってなりますよね。当たり前。

で、その単体で機能しやすく効果の強力なSRカードをたくさん入れてるだけみたいなデッキが増えたんですよ。
僕は懐古厨だから言うけど、赤黄ミッドレンジ最盛期(ver1.2ex)ってめちゃくちゃ面白かったんですよね。というかその頃はまだまだ低ランクだったので"面白そうに見えた"という表現が正しいのかな。

あとその頃のリプレイって僕の尊敬してるプレイヤーのものが多かったのもあったと思います。当時の上位3人は単純に上手だったんですよ。別次元だと感じた覚えがあります。

その頃のtop3は今でも別格だと思ってて、本当にその3人には敵わないと思ってます。今も昔も多分これからも。


懐古脱線してしまいましたけど、やっぱね強いカード使ってるだけマンみたいなのいるんですよ。やっててもプレイもクソもなくて、あ〜そのカード引いてるのね〜上手〜、くらいの感想しか出てこなくなっちゃった。

もちろん今でも上手い人はいますよ。
でも現状、ただ強いカード使ってるだけマンもいるの。それも含めてゲームなんだけどさ。つまんないよね。



・キツい人間の増加
僕の始めた頃よりプレイ人口は圧倒的に増えました。どこの時期かわからないけど、発展途上国の人口ばりに急上昇した気がします。

ともなれば増えてきますよ、変なのも。元々自己顕示欲マンなんて腐るほどいるんだけど、てかそれ以外にランキング上げる理由なんてないのは事実なんだけどさ、
キツい。

見てらんない。ミュート、リム安定行動。後手アポロンより丸い。
自己顕示欲はいいけど、一定ライン超えるとウザいし、そもそもそういう人は愚痴とかそういった"ただの感情"をTLに流すんだよね。うるせーよ。

昔僕も全く同じことしてた時がありました。Twitterなんて愚痴の為のもんじゃん、て思って書いてたこと。
猛反省しますよ。周りからあぁやってみられてたのか、キツすぎって。

これに関してはゲームとは直接関係のないことなのにマイナス要素に入ってきてしまってます。Twitterなんてやらなきゃこうは思わなかったのかな。

でもTwitterに助けられたことはたくさんあるのは事実です。単純に人脈を広げられたり、知識を得られるのは完全なるメリットでした。ただ、自分がストレスに感じるものが流れてくるのも事実。
ミュート・リムって便利だよな〜。ストレスを感ぜずにTwitterできるならそれが最高ですからね。


老害脱線が多いな。次最後です。 

・果てしない数値
みなさんご存知のAPのお話。
ぶっちゃけ上の2つはね、これには敵わないというか割合的に3:2:5くらい。

別に強いカード増えてもその環境でやりゃいーじゃないですか。プレイ磨けば自ずと差は出てくるんですから。
キツい人間なんて関わらなきゃいいんですよ。なんならブロックしとけばいい。同じゲーセンにくるなら、場所変えるか、そいつが居づらくするかすればいいだけ。無視(シャットアウト)すれば関係ないわけです。


ただね。APの問題は流石にどうしようもないですよ。
だって皆さんが1番参考にするのってAPランキングじゃないですか。勝利回数だのポイントだのという、ある程度のやった回数ランキングはどうでも良くて、自分が勝って稼いだという実感のあるAP見るでしょ。

でもこれももう回数ランキングになりつつあるというか、現状もうなってる。Q1の査定すらBデッキなら1勝1敗で増える状態です。これってもはや(元)上位ランカーの査定じゃないんですよ。

その上、上位ランカー様用の査定に行き着くまでにはその回数ポイントを稼ぐ必要があって、なおかつそれが膨大な試合数を要求されると思ったら、やる気出ませんよね。
夏休み終わる前に宿題が明らかに終わらない量残ってるのと似てますかね。やる価値を見出せない。

やったところで上の方はもっとやってる訳です。上位が上位たるためにはやっぱり回数やってるんだもん。当たり前の話です。追いつける気がしない。

僕はこのゲーム好きなので昔はずっと台に張り付いてやってたこともありました。
でもね。もうもたない。上が遠くて。ランカーとして登山するまでのなだらかな道が長すぎて。
もう歩きたくない。たまに散歩する程度でいい。何歩進もうが戻ろうがいいんだ、気が済むレベルの散歩が楽しめれば。

そう思ってしまうようになりました。

多分これは、老害、じゃないと思います。ただ、僕という人間がそういう考えに至り、諦めてしまっただけなのでしょう。

でもこういったところに至った人はそんなに少なくないのかなって、僕は思ったんです。


そう思ってる人が少しでもいてくれたら、共感できる人がいてくれたら、こんな自分でも少しは救われるのかも、という甘えなのかもしれません。



深夜のてきとうな感じで、COJのカードゲーム部分に関しては何も触れず、ただただ思ったことを文字にしただけの記事。

もうやりません。多分ですが。

何度も言いますけど、僕はCOJが好きです。だからこれからも散歩程度にはやると思います。
やるからには勝ちたいですが、これ以上ランキングを上げてどうこうという気はありません。ぶっちゃけ今年入ってから1〜2回しかランキング見てない程です。


はー、なんもない。
ごめんなさい。


ではまたの機会に。