ゆにぶろッ!

Q踏んだUniがちょっとだけ真面目にcojの話します

メリークリスマース☆

おっきな夢をあげるよ〜☆(4000ダメージ)

こんにちは!
ミニスカサンタUniです♫

新弾が出てからというもの、これが最強!みたいなデッキがなくなったなぁと感じるこの頃。
良くも悪くも迷路の中。まだまだみんな色々試しているように思います。
この環境迷走中によく見るデッキ、流行ったデッキなんかまとめてみようかなと。




1.新弾の影響



・武身
これを抜きには語れない、新弾の目玉。
ルール改定と共に"後攻は不利じゃない(むしろ、有利である)"とまで言わしめた要因。
環境を変えたのはこの種族と言っても過言じゃないでしょう。

とにかく目新しい共通効果。そして、手札・フィールド両方のアドバンテージを簡単に稼いでいき、それが1,2ターン目から使用できるという脅威。
武身ユニットを2ターン放置したら、相手の手札・フィールドは溢れんばかりの量のリソースで手が付けられない…なんてことになっちゃいますね。

根幹を支えているのが「雷槌・ミョルニル」。カイムとはなんだったのか、今こそ6/7/8に戻してもいいのではないか。
うちが決めるぅ〜☆

単体でももちろん強いですがそれに付随してイージス・クサナギのセットを入れるとフィールドまで増殖して、もうすごいことに。

その安定したリソース稼ぎのため、色々なデッキに出張することもしばしば。

デッキ例としては
ショータイムモロク採用型、武身アリアン、武身レベコンetc…
応用が利きすぎてなんでもありの風潮ありました。

最近は冒険してる武身はあまり見ないかな?ショータイム型多そう。


新カード「丹花のリンリン」の登場で流行。
最初はあんまり注目されていなかったような気がしますが、やはり専用トリガー「巫女の護り手」が強いことや、単体火力が流行の武身に刺さることもあり一気にランクアップ。

まさかリンリン・ソウルダンサー・護り手が0ptになるとは…
特にダンサー。まさかの躍進。

こちらは武身とは異なりある程度の専用構築になりがちですが、方向性は様々。

デッキ例としては
赤黄選ばれアポロン舞姫、レベコン舞姫、侍舞姫、高DOB赤緑舞姫etc…

リンリンを放置したらこちらのフィールドはボロボロ。無理に処理するにしても、元々サーチ効果持ってるわ、護り手発動するわ、とかなり面倒です。

のっていくよ〜♫でお馴染みのミューズも舞姫。ポテンシャルの高かった種族にとんだルーキーが入って、これからの活躍に期待が持てますね。

自分の周りのランカー様が好んで使ってるので、強いんだろうなと思ってる部分もあります。
ねぎ◯んさんやPoc◯さん、INÅさんとかですね。
失礼がないように◯でお名前の一部を隠しています。なので、どなたなのかはご想像におまかせいたします。
失礼がないように、ね。



2.現役の既存勢力

・トリロス
最近は【トリロス】というよりは【赤単】と言った方が正しいような気もしますね。
新SRのアスタロトや前カード火精フレイミーで秩序の盾にも戦えるようになった印象。

また、流行りの武身に対しても持ち前の早い火力で対応できることもあり以前より格段に使用率が上がりましたね。

珍獣のBP変更や武身・舞姫の流行等で基本的なBPラインが下がり、マーヤやシヴァが強くなったのも影響かも。

あと今日の主役も入ってます。
メリークリスマース☆(3000ダメージ)

強いよね、サンタさん。


・レベコン
シャドウメイジの登場以来、勢いに陰りが差したことはほとんどないかな。

新弾追加ではSRのジョカ、ミョルニルの追加が変更点。なんで色が関係ないミョルニルが入っているのか…

ミョルニルと装填を採用した型が手札の減りが少ない印象。手札をガンガン使っていくデッキのためリソース確保手段が難しい。

なんだかんだ手札全投げしてもブラフマー1枚で一気に回復するし、リソース問題は結構てきとうでも大丈夫そう。

武身が入れ替わりサイクルのため、挑発イシュタルができないことに注意。序盤マスト処理の武身をうまくいなしづらい点が玉にキズ。


・珍獣
修正されようがおかまいなし。数の暴力!カードゲームは引いたもん勝ち!!

前バージョンは盗賊によろしくかまされて悲しんでたけど、盗賊はほぼ壊滅。
今となって怖いのは、武身のアンフェアタックスとレベコンのミイラくんくらいのもの。

ただマーヤがきついのは依然変わらず。トリロスがマーヤでテンポ取ってくるのはちょっと痛い。御供してもおかわりかスピム飛んできて気付いたらライフなくなってたり。

もちろんOCだけでなく猿珍獣も強い感じ。
特有の重なりやすさ、展開力でフレイミーウイルスを活用可能。ミューズやバトルカイザーも内側から焼けたりと、今フレイミーが熱い。


・アリアン
武身という新たな武器を手にして強化された感じ。
以前の機械2種よりも単体で仕事ができる武身の方が強い印象。

武身の枚数調整が結構シビアで、カードゲームとしての構築センスが出てきますね。
このゲーム同じユニットは基本的に3枚入れたいんだけど、ミョルニル3枚で他は2枚みたいな構築は定石とは違う調整でかっこいいなぁ、と。

肝心のアリアンがすぐ除去されがちで維持しづらいのはあるかな。
あと動き出しが最速3ターン目なのも微妙。相手の序盤の攻めを凌ぐのが難しい。
ロンギヌス処理できず効果2回使われてテンポ取られたり、みたいなことになりかねない。

あとはマーヤ。
アリアンはトリロスがつらめ。追い風や突撃の合図を破壊してきて、かつ消滅態勢を持つスルトがかなりきついです 。



3.流行り切ってない≠弱い

・侍
流行ってないというか、特定の人が使ってる感じかなぁ。
新規で侍始めました!って声はあまり聞かないような。

加護や基本BP上昇で焼きにある程度強いけど、基本的にレベコン系が重すぎる。

プレイが難しいせいもあるよね。シヴァ、ジョカ、アポロンとかケアするカード多すぎるし、ケアしたところで点取りづらくなるし。

強いとは思うけど流行りきれない何かがあるんだと思います。ポイントはB安定レベルなのに。


・赤青アグロ
あんまり流行らないよなぁ。

プレイはくそ簡単で、バアル!ツクヨミ!大リーナ!シヴァOC!おわり!!
こんな感じ。

新カードのアンドラスがかなりいい仕事してくれてて好印象。
スピード感があって試合時間も長くなりづらいのでガンガンやりたい人向けかな。

ただ舞姫にあんまり強くない。
レベコンはブラフマーターンまでいくときつい。
武身とか侍はパンプ構えられるとつらい。

あはは…
やってる分には馬鹿っぽくて結構楽しいんですけどね……


・緑アグロ
新SR開闢王やランスロッド、アイテールによるゴリ押しが持ち味。
赤青のような"除去"ではなく、文字通り"力勝負"。ひたすら高BPと戦闘補助で上から叩く。

緑の敵であるレベコンはチャンプブロック(戦闘に負けるBP下からのブロック)が基本のため、貫通ゴリで押していけそう。
 
アイテールを特殊召喚する天使がただただ強い。先行から軽減で出してもいいくらいですね。

ただ緑特有の除去の少なさから、除去合戦になり出すとジリ貧になりがち。早めの段階でテンポを取ってヘレティックスカー圏内に入れることが重要です。



・赤黄
こちらも特定の人が使ってる感じかも。

対応力の高さが売りの伝統的なデッキ。
ただ最近はカードパワーの押し付けがエグくて対応仕切れなくなることも少なくなくて下火の印象。

ミョルニルが採用できるのは他のデッキと変わらず。ミョルニル>>>カイム。
昔は強かったのになぁ……





おおまかにこんなところでしょうか。
ハンデスや盗賊は修正のせいかほとんど見ませんね。

12/26大阪で大会があるんですけど、そこに多くのランカーが集まるみたいなんですよね。
この機会に現環境の答えやヒントが掴めたらいいなぁ、と楽しみにしております。

ブログを書くというオタクらしいクリスマスを迎えられて満足。
ミニスカサンタは今日限りで卒業ですがcojは続けていこうと思います。


ここまで読んでくれてありがとうございました。
愛を込めて〜メリークリスマス☆


ではまたの機会に。