ゆにぶろッ!

Q踏んだUniがちょっとだけ真面目にcojの話します

銀盤の誘いを。【アリアン珍獣】

どうも!
Uniです!


今回は流行りの(流行ってた?)デッキ、【アリアン珍獣】についてです。
ちゃみさんが公開したこともあり、その当時は爆発的に増えましたよね。

もちろんデッキパワーはとても高く、メタを張りづらいという点も優秀です。
また、DOBもB。すごい。


サンプルレシピ(空いた枠はカイムや毘沙門、学びの庭や魔法石などですね)
f:id:Unicoj:20150806223842p:image


・第3の【珍獣】

以前僕が珍獣について書いた際に、珍獣には2つの種類ある、という話をしました。
アグロの【猿珍獣】、コンボの【OC特化珍獣】みたいなやつです。

この【アリアン珍獣】はコンボデッキという分類でいいと思うのですが【OC特化珍獣】と明確に異なる点があります。
それは、"場にユニットを残さなければならない"という点です。

このデッキの勝ち方は、自分の場にユニットが残っている状態で〈追い風〉を発動しアリアンロッドで相手の場を掃除してまとめて点を取る、ことです。(もう一つの勝ち方は後述します。)
重要なのは最後の、まとめて点を取る、という部分です。つまり、自分の場にユニットが残らなかったら点数が取れないというわけなんですよ。点数足りなくなっちゃうの。

ここが同じコンボ分類である【OC特化珍獣】との違いですね。その点では【猿珍獣】に近いところもあるのかな。


・2つの勝ち方

パターン1.並べてアリアンロッド
上記のやつですね。ユニットを並べてアリアンロッドを召喚、消滅効果で相手の壁を無くしまとめて点数を取るパターンです。
この動きの後、相手にアリアンロッドを除去されなければ、次のターンも効果を使用できるためほぼ勝ちと言ってもいいかも。

このデッキにおいての基本コンボです。
"追い風"をうまく使い、機を見て狙っていきましょう。


2.突撃の合図
このデッキのフィニッシュムーブです。
基本的にはパターン1で点を取り、パターン2でフィニッシュに持っていく形になることが多いかな。

相手の隙に4〜5点叩き込む必殺コンボ。珍獣が1cpと軽いため追い風を1枚踏めれば4,5点は取れます。

この2つが基本のコンボです。
あとはヴァルゴで相手のユニットを防御禁止にできることも覚えておくといいですね。ただの珍獣が1点になります。



・各ユニットの役割

デッキの名を冠するカード。
役割は相手のユニットの除去。毘沙門などとは違い、相手のユニットをただ除去するためだけに出すのは弱いです。点が取れる時や盤面をひっくり返す時に使いましょう。
次のターンにアリアンロッドや横のユニットが残るようにすることも大切ですね。出して終わりではなく、場に残しておきたいカードです。


各種珍獣
このデッキにおいての役割は、デッキ圧縮・点を取るユニット・進化元・追い風を踏む軽量カード・アリアンロッドの弾です。
特に追い風、アリアンロッド、突撃の合図とのコンボに使うことが多いです。

手札に持っておきたい優先順位としては、カパエル≧緑>ウインナー。
アリアンロッドや毘沙門の進化元としてカパエルが残ってるといい感じ。緑は追い風を発動する為に持っておきたいです。
ウインナーはどちらかというと場にいる方がいいですね。ヴァルゴの効果を発動できます。


追い風
キーカードです。
単純に2CP増えるだけですが、慣れていないと計算がぐちゃぐちゃになったりしますね。
とりあえず発動しておこう、ではなく、次にこう動くから使う、という確固たる意志を持って使用しましょう。無駄打ちが負けに繋がりやすい難しいカードです。


狂犬の採掘
キーカードの追い風と突撃の合図をサーチするカードです。
1枚で2枚持ってくるという破格の性能。さらにインターセプトをサーチするのでデッキの中のユニット率が上がります。強いことしか書いてない。
できれば早い段階で使いたいところ。もしくはワンダフルハンドで2周目に入ったところで使うと強いですね。


シヴァ
アリアンロッドが縦の除去なら、こちらは横の除去。
アリアンロッドの効果で並んでいるサーチユニットや珍獣を破壊するのってもったいないんですよね。わざわざCPと手札使いたくないと言いますか。
なのでBPの低いユニットはこのカードでまとめて除去する方が効率的です。

デッキの回転もいいのでOCすることもしばしば。OCを狙っていってもいいと思います。


ヴァルゴ
意外に重要なカードです。
相手の壁を減らす・トリガーサーチどちらの効果も強力で、色も珍獣で揃えやすい。また、BP6000と高水準で場に残りやすいため〈追い風〉が使いやすくなります。
軽減すれば2CPで思ったより軽いかな。


グラインドビートル
実質1CP5000。
軽くBPがそれなりである点が採用理由です。場に残りやすく〈追い風〉に繋げやすいので、思いの外いい仕事をしてくれます。


・マリガン
基本的には狂犬の採掘+サーチユニットが良いです。
相手がマーヤを出してこないと予想できるのであれば、ウインナー+カパエルもいいですね。次のターンにヴァルゴを引けたらお祭り状態です。

早めの段階で追い風を引いて場にユニットを置いておきましょう。
早いと3ラウンドで勝負が決まってしまうことも。



・弱点
基本的には場に並べるデッキなので除去カードがきついです。特にマーヤ。
また、消滅耐性や加護はシヴァか毘沙門を出すまではどうしようもないです。



・まとめ
爆発力が高く、強力なコンボやシナジーを多く搭載しているため、デッキとしてのパワーは高いと思います。
ただ、対策カードで詰んでしまうこともあるのでそこはこちら側も対策の対策をしていかなければいけないのかなと。

扱いが難しく誰もがすぐ使えるデッキではないですが、使えるようになってしまえばかなり勝率が出るデッキなのではないでしょうか。



こんなとこですかね。
久々の更新で文章書くことの大変さを思い知りました…疲れた…
自分もこのデッキを使っていますが、プレイがまだまだ甘いしもっとつめていきたいなぁって感じです。

ポイント更新もまだ少し先。もう少しがんばろうかな。


ではまたの機会に。